消費者金融でのトラブルはどこに相談すればよい?

貸金業法が改正されて以来の消費者金融は順法意識も高まりかつてほど無茶な経営をすることは無くなりました。それでも利用していてトラブルが起きなくなっているわけではありませんから、トラブルが起きた時の相談先を知っておくことは大切です。
ではどこに相談をすれば良いのかというと、まず消費者金融の提示する条件などで問題がある場合には国民生活センターに話をするのが一番です。国民生活センターは国民の消費生活に関連する窓口であり、ここに話をすればある程度の回答をもらうことが可能です。
しかし消費者金融を利用していて発生した債務問題などの場合には、国民生活センターよりも法テラスや弁護士事務所に話をした方が良いでしょう。法テラスとは各地に設置されている法務省管轄の出先機関であり、国民が経済的事情によって問題の解決にアクセスできなくなることを防ぎ改善するために設置されています。ここに相談する場合は原則として無料で話を聞いてもらえますから、まず利用を検討するべきと言えるでしょう。
もし今後債務整理などを見据えた上で対応を考えているということであれば弁護士事務所に話をするべきです。初回の面談に関しては無料としているところが少なくありませんし、何より弁護士事務所に依頼を出せばそのまま債務整理まで手続きを勧めてもらうことも可能です。
一番良くないのはキャッシング審査などでトラブルが起きている状態で放置することですから、もしトラブルが起きた時には必ずどこかに話をしてアドバイスをもらうように心がけてください。